【2021年最新版】福岡県で人気の介護付き有料老人ホームを厳選紹介!口コミや評判も徹底比較!

老人ホームの種類と役割の違い

公開日:2020/10/15  最終更新日:2020/10/06

一口に老人ホームといっても、目的や運営団体、入居条件などによってさまざまな施設があり、役割にも違いがあります。大きく分けると、自治体や社会福祉法人などの公的団体が運営している介護施設と医療法人や民間事業者が運営している民間施設にわかれています。今回は、老人ホームの種類と役割の違いをお話しします。

国や自治体などが運営する公的施設の老人ホームの種類

国や自治体、社会福祉法人などが運営している公的施設には、特別養護老人ホーム・養護老人ホーム・ケアハウスがあります。国や自治体が運営しているため、補助金や税制面で優遇されており、民間企業よりも倒産のリスクが少なく、入居費用も比較的安いのが特徴です。

特別養護老人ホームは、原則要介護3以上の高齢者が入居できる施設です。介護スタッフが常駐しているので24時間介護サービスを受けることができます。長期入所が原則で、看取り対応が可能なので終身に渡って入所する方がほとんどです。

養護老人ホームは、何らかの理由で経済的に困っている高齢者を一時的に受け入れ、社会復帰を促す施設です。支援員が所属しており、入居者が自立した生活を送ることができるように支援を行います。食事や健康管理などのサービスはありますが、介護施設ではないため、介護サービスを受けることはできないのが特徴です。

ケアハウスは、介護や日常的な医療ケアが必要な高齢者が比較的安い料金で生活支援や緊急時の対応、見守りサービスなど日常生活のサポートを受けることができる施設です。途中から介護が必要になった場合でも外部のスタッフによる訪問介護などを受けながら、要介護2までは入居を続けることができます

一般型と介護型があり、一般形は、食事や洗濯・掃除などの家事、医療機関との連携などのサービスを受けられます。介護型は、一般形のサービスに加えて、入浴や排泄などの補助、機能訓練などの介護サービスも受けることが可能です。

今注目を集めている民間団体が運営する有料老人ホーム

最近は、高齢者が快適な生活を送ることができるよう、食事や健康管理、家事、介護などのサービスが多彩に用意されている企業や医療法人などの民間団体が運営している有料老人ホームが注目を集めています。介護付き・住宅型・健康型の3タイプがあり、それぞれ提供するサービスが異なります。

介護付きは、65歳以上が入居対象の介護サービスが充実した施設のことです。介護付きという名称を名乗ることができるのは、福岡県などの自治体から特定施設入居者生活保護の指定を受けていることが条件です。介護専用型は、要介護認定を受けた場合にしか入居できませんが、要介護状態と健康な方が同時に暮らすことができる混合型もあります。

住宅型は、原則として60歳以上が入居できます。健康で自立している方や軽度の介護が必要な方が対象です。住宅型は、毎日の食事の提供や洗濯、掃除などの家事全般のサポートを行っていますが、もし介護が必要になっても施設スタッフによる介護は一切ありません。もしも介護サービスが必要となった場合は、個別にホームヘルパーなどを雇う必要があるので、注意が必要です。

健康型は、健康な60歳以上で自立した生活が送れている方が対象です。介護が必要な方が対象外のため、入居後にけがや病気などで介護が必要になった場合、住み続けることができない可能性があります。しかし、食事や家事などはすべて施設スタッフがしてくれるのが特徴で、住宅型よりもサークル活動が充実しているので、元気な高齢者が充実したセカンドライフを過ごすのにはぴったりの場所です。

福岡にある有料老人ホームの特色

高齢者が安心してセカンドライフを送ることができるよう、利用者の健康状態やどのような老後生活を送りたいかなどの希望や条件を踏まえたうえで入居する施設を選ぶ必要があります。とくに企業や医療機関などが運営している有料老人ホームは、施設によって多彩なサービスが用意されているので現在注目を集めています。

福岡にもたくさんの有料老人ホームがあります。福岡県から特定施設入居者生活介護の指定を受けていて、30年以上のノウハウで利用者が安心して介護サービスを受けられる施設や旬の食材にこだわった食事や上質な天然温泉などがあり、リゾート気分が存分に味わえる施設、ライブラリーやエクササイズルームなどが常設されていて、さまざまなニーズに応えられる柔軟性を兼ね備えている施設などもあります。

また、年齢を重ねるとけがや病気・持病がつきものです。有料老人ホームの中には医療機関が経営している施設もあるため、万が一けがや病気、持病があっても提携している病院で安心して医療サービスを受けることができる場所もあります。利用者が安心して毎日を過ごすことができるよう、充実した医療のサポートを行っている施設も多くあるので、生涯ずっと住み続けられる施設がそろっています。

人生のセカンドライフを過ごす老人ホームは、終の棲家(ついのすみか)ともなり得る場所です。安心して楽しい毎日を送ることができるよう、お気に入りの老人ホームを探してみてはいかがでしょうか。

 

老人ホームは、大きく分けると公的機関が運営している比較的安い料金で入居できる施設と民間団体が運営している多彩なサービスが受けられる施設がありますが、さらに入居条件や介護サービスの有無、住居形態などさまざまな種類にわかれています。入居後には利用者が多くの時間を過ごす場所となるので、利用者の希望や条件に合わせて楽しい毎日を過ごせる場所を選ぶことをおすすめします。

福岡のおすすめ老人ホーム

商品画像
商品名アビタシオン浄水アンペレーナ百道フェリオ天神グランガーデン福岡浄水ホスピタルメント福岡天神
特徴30年以上の経験を活かしたジャストサービススカイラウンジ・天然温泉などのロケーション医療サポート・メンタルケアが充実施設内イベントや企画が豊富病院の真上に暮らしている安心感
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
【福岡】おすすめ有料老人ホームの口コミや評判