【2021年最新版】福岡県で人気の介護付き有料老人ホームを厳選紹介!口コミや評判も徹底比較!

住宅型老人ホームの特徴とメリット

公開日:2020/09/01  最終更新日:2020/09/16

福岡にはさまざまなタイプの老人ホームがあります。特別養護老人ホームのように公的な施設もあれば、主として民間の団体が運営している施設もあるのです。民間の団体が運営している施設の1つが、住宅型老人ホームです。ここでは、住宅型老人ホームの特徴とメリットについて紹介します。さらに、代表的なタイプである介護付き老人ホームとの違いについても説明しましょう。

施設ごとに異なる入居条件やサービス内容

住宅型老人ホームは、主に民間の営利法人や社会福祉法人などが運営している入所型の施設です。名前からも想像されるとおり、一般の住宅となるべく近い形で生活できるように設計されているため、自立した生活を営めることが入居の条件となっています。

ただし、このタイプの老人ホームは施設ごとに独自性を持っていることが多いため、軽度の要介護者を受け入れている施設もあります。また、年齢も60歳以上が原則となっていますが、施設によっては60歳未満でも受け入れてくれるところもあるでしょう。

施設の形態についても、バリエーションが豊富です。通常は入居者ごとに個室が用意されていますが、一部には多床室もあります。また、各個室も一般の集合住宅のように1室内で完全に生活が完結するタイプもあれば、食事などは共用設備である食堂で他の入居者と一緒に行えるタイプもあります。

もちろんバスとトイレなどはバリアフリー仕様です。共用設備としては食堂のほかにもレクリエーションルームやリハビリテーションルームなどがよく見受けられます。レクリエーションルームでは入居者同士が一緒にテレビを見ることができ、囲碁や将棋などを楽しむことも可能です。

福岡に所在する施設では、施設内のスタッフや外部の専門家が講師となって、趣味のクラフト教室を行っています。また、地域の子どもたちとの交流イベントを実施しているところもあり、それぞれの施設で独自性が表れているのです。

プライバシーへの配慮と選択肢の多さが魅力

住宅型老人ホームの特徴を簡単にまとめると、それぞれの入居者がある程度自立した生活を営めるということと、施設ごとの独自性が高いということが挙げられます。この2点は、そのままメリットとして挙げることもできます。個人のプライバシーがしっかりと守られており、設備やサービス内容に応じた選択肢がたくさんあるということです。

十分にプライバシーが守られていても、通常のマンションやアパートなどのようにそれぞれの居室が完全に隔てられているわけではありません。もちろん、緊急時にはスタッフを呼び出すことができるため、万が一の際も安心して暮らせます。また、施設ごとにさまざまなサービスが設けられているので、予算やニーズに見合った施設を探し、選択できるのも最大の魅力でしょう。

福岡の住宅型老人ホームでは、入居者全員が食堂で食事をするスタイルが主流ですが、食事の内容については個人の好みを考慮してくれる施設も多いです。栄養士などがバランスを考えてメニューを作成してくれますが、分量の増減やアレルギーなどについてはある程度まで対応してもらうことが可能です。

また、歯や消化器のコンディションに応じて、ソフト食やきざみ食、ミキサー食など調理法も配慮してくれます。こうした、1人1人に対するきめ細かいサービスを受けられることも、住宅型老人ホームのメリットでもあるでしょう。

外部の介護サービスも利用可能です

しかし、住宅型老人ホームには課題もあるので注意しておきましょう。それは、介護サービスに関することです。住宅型と並んで代表的なタイプとして、介護付き老人ホームがあります。その名の通り介護サービスを提供することを主眼に置いた施設です。そのため、入所すれば当然にその施設から直接介護サービスを受けられます。

これに対して住宅型では、介護が必要になった場合は外部の事業者と契約し、個別にサービスを提供してもらう必要があります。当然ながら、施設に毎月支払う入居費のほかにサービスの利用料を負担する必要が出てくるため、経済的負担が大きくなります。

このことは住居型のデメリットではありますが、ケースバイケースでメリットにもなり得ます。費用さえ支払うことができれば、自由にサービスを選ぶことができるからです。

例えば、入所前から契約している介護事業者があれば、入所後にそのまま継続して利用することもできるのです。 また、福岡でも最近増えているタイプの施設に、デイサービスセンターや訪問介護施設が併設されている住宅型老人ホームというものがあります。こうした施設に入所すれば、介護付きホームに入所するのとそれほど変わらないレベルの介護サービスを受けることも可能です。

なお、医療サービスについても住宅型では常勤医師などはいないことが一般的ですが、訪問診療を依頼することもできるのです。施設独自のサービスとして、定期的な健康診断などを実施している施設もあります。

 

住宅型老人ホームは自立した高齢者、または経度の要介護者が利用できる入居施設です。施設ごとにサービス内容のバリエーションが豊富なので、ニーズや生活スタイルに合わせて選択することができます。事前見学を受け付けている施設もたくさんあり、実際に足を運び自分の目で確かめてみることもおすすめです。

福岡のおすすめ老人ホーム

商品画像
商品名アビタシオン浄水アンペレーナ百道フェリオ天神グランガーデン福岡浄水ホスピタルメント福岡天神
特徴30年以上の経験を活かしたジャストサービススカイラウンジ・天然温泉などのロケーション医療サポート・メンタルケアが充実施設内イベントや企画が豊富病院の真上に暮らしている安心感
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
【福岡】おすすめ有料老人ホームの口コミや評判