【2021年最新版】福岡県で人気の介護付き有料老人ホームを厳選紹介!口コミや評判も徹底比較!

老人ホームのレクリエーションの目的と効果

公開日:2021/04/15  最終更新日:2021/02/24

老人ホームでは、毎日、多くのレクリエーショがあったり、イベントが開催されています。そのため、老人ホームでも老後生活を楽しく過ごすことが可能です。では、老人ホームでのレクリエーショ活動にはどのようなものがあるのでしょうか。その目的と効果も確認していきましょう。検討している方は、参考にしてください。

老人ホームでのレクリエーションは心身の健康につなげる目的がある

老人ホームでのレクリエーションは、心身の健康につなげる目的がありますが、具体的にどのような効果が見られるのでしょうか。主に4つの効果があり、順番に確認していきます。

身体機能の維持

高齢になると、自分で身体を動かすことが少なくなり筋力が低下します。そうすると転倒リスクが生じ、1人で運動することも減ってしまい、結果、さらなる筋力低下を招きます。レクリエーションを通じ、周りの人たちと、楽しみながら安全に身体を動かすことで、筋肉を動かし身体機能を維持していきます。

脳の活性化

手先を動かす作業、簡単な計算、手順と段取りを考える必要がある料理などのレクリエーションにより、脳を活性化し、認知症予防につなげます。歌ったり、楽器を使う音楽療法、土に触る園芸療法、アニマルセラピーなどは、老人性うつ病や落ち込みからの認知症対策に有効といわれています。

他の入居者とのコミュニケーション

老人ホームは共同生活です。レクリエーション活動は、他の入居者とのコミュニケーションを円滑にする目的もあります。

生きがいの創出

共同作業をともなうレクリエーションは、与えられた役割を果たすことで人の役に立っているという実感を持つことができます。人間誰もが持つ承認欲求を満たし、生きがいを創出します。制作物が完成した後の達成感により、意欲が向上し、日々の生活に生きがいが出てきます。

老人ホームでのレクリエーション、内容は?

さまざまな効果のあるレクリエーション活動ですが、どのようなものがあるのか、その内容と活動にかかる費用とあわせて確認してみましょう。よくあるレクリエーション活動として、身体を動かすレクレーション、頭を使うレクリエーション、歌や音楽を取り入れたレクリエーションの3つに分類できます。

身体を動かすレクリエーション

ストレッチ・ハワイアンダンス・ヨガのような個人の身体のコンディションに合わせて参加できるのも、風船バレー・卓球などチーム戦で勝敗を付け盛り上げるものもあります。楽しみながら身体を動かすことで、リハビリ効果が得られ、健康維持につながります

頭を使うレクリエーション

クイズ・なぞなぞ・しりとり・すごろく、そしてオセロや囲碁などのボードゲームで頭を回転させます。習字、編み物、洋裁、折り紙、フラワーアレンジメントなど指先を動かすことで、脳を活性化させます。また、塗り絵や朗読会、おやつ作りなどもあるようです。頭を使うことで想像力が豊かになり、脳が刺激され、認知症予防に効果があります。頭を使うレクリエーションは、身体の自由が利かない利用者も、楽しめます。

歌や音楽を取り入れたレクリエーション

カラオケ・楽器の演奏、リズム体操があります。ボランティアやプロの演奏家を招いて、コンサートなどの音楽鑑賞会も開催されることもあります。歌って口を動かすことで、筋肉がほぐれ話しやすくなります。楽器の演奏は、手を使うので、脳も刺激されます。歌も楽器もリラックスしてストレス解消になり、専門家による音楽療法は、認知症の予防や健康増進効果が見込まれます。

このように、老人ホームでは、さまざまなレクリエーショ活動があります。ほとんどのレクリエーション活動は、無料(入居料金に含まれている)ですが、材料費が別途発生する場合もあります。簡単な制作物の場合は、100~500円程度、フラワーアレンジメントなどは、1,000~5,000円程度が目安です。観光イベントに参加する場合、10,000円程度かかる場合があります。どの活動も任意参加となることが多いので、自分にあったレクリエーション活動を選んで参加できます

自尊心と本人の意思に注意

老人ホームでは、さまざまなレクリエーショ活動があり、レクレーション活動を通じ心身の健康を向上させ、日々の生活に潤いを持たすことができます。一方で、高齢や認知症になったとしても、自尊心がなくなるわけではなく、利用者の自尊心と本人の希望を尊重する必要があります。

老人ホームの利用者はそれぞれ要介護度が異なるため、レクリエーショ活動の内容を幼稚園のようだと感じ、自尊心が傷ついたと感じる利用者もいます。ある人には適度な難易度でも、他の人には難解すぎたり、逆に簡単すぎることもあり、難しすぎてやる気を失ったり、簡単すぎてバカにされていると感じる利用者もいます。

老人ホームは、日々、共同生活をする場所で、心身共に快適で、利用者同士のコミュニケーションを必要とする場所です。レクリエーショ活動を楽しいと感じ、充実した生活にするためにも、参加は任意で、本人の意思を最優先することが大切です。

 

老人ホームのレクリエーショ活動は、心身の健康維持につながるものがたくさんあり、利用者同士のコミュニケーション向上も期待できます。本人の意思で、自身の身体の状態や好みに合ったものに参加することで、利用者が楽しいと感じ、心身の健康につながります

福岡のおすすめ老人ホーム

商品画像
商品名アビタシオン浄水アンペレーナ百道フェリオ天神グランガーデン福岡浄水ホスピタルメント福岡天神
特徴30年以上の経験を活かしたジャストサービススカイラウンジ・天然温泉などのロケーション医療サポート・メンタルケアが充実施設内イベントや企画が豊富病院の真上に暮らしている安心感
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
【福岡】おすすめ有料老人ホームの口コミや評判