【2021年最新版】福岡県で人気の介護付き有料老人ホームを厳選紹介!口コミや評判も徹底比較!

特養と老人ホームの違いについて

公開日:2020/09/15  最終更新日:2020/09/16

高齢化社会が進む最近では、年配者が一人で暮らしているケースも少なくありません。家族と一緒に暮らしたいと思っても出来ないこともあります。さまざまな事情がありますが、いずれは自立して生活するのが難しくなり、老人ホームや特養にお世話になることも考えられます。では、老人ホームと特養で入居条件や費用、設備の違いについて調べてみましょう。

老人ホームと特養の入居条件の違い

有料老人ホームは施設により入居条件が異なってきますが、共通しているのは入居時の年齢が60歳以上か65歳以上かという点です。施設によっては元気な人でも入居が可能で、ホームの中で生活を楽しむことができます。

入居条件の幅が要支援1から要介護1までと広いため、施設に入ろうとしている人がどのポジションにいるのかを確認する必要があります。ホームに入る元気な人は自分で調べて施設が気に入れば入る場合が多いです。有料老人ホームは福岡にもたくさんありますが、特別養護老人ホームに比べて待機者が少ないので、比較的早く入ることが可能です。

特養は、原則要介護3以上の人が入ることができます。例外はありますが、基本的に自分で立ち上がったり、歩いたりできない人や排泄や入浴、着替えなど全面的にサポートが必要な人が入れます。こちらは、公的施設の意味合いがありますので、重度の人や低所得者向けのサービスになっており、保護や支援に重きが置かれています。

ホームは民間ですから、さまざまなサービスが提供され、内容は施設によって異なっており、それぞれ入居条件も違っています。自分の身の回りのことができるかどうかで、どの施設に入れるのかが変わってきますので、まずは市の窓口で相談をして介護認定を受けることができるかどうかを確認することが大切です。それと合わせて各施設の資料も集め、比較検討することも大事です。

老人ホームと特養の費用の違いはどれくらいか

特別養護老人ホームは国の支援や助成金、税金の優遇処置などがありますので、費用が安いのが大きなメリットです。入居一時金がかからないため、蓄えが少なくても毎月の年金があれば、費用を支払うことが可能でしょう。月額費用は8万円から13万円ぐらいなので、厚生年金をもらっている人なら問題ありません。所得に応じて減免もあるので、人によってはさらに安くなります。

有料老人ホームは、特養より安い施設もあれば、何千万円もかかるところもあり、値段に幅があります。東京や神奈川、大阪などの都市圏の施設は高く、宮崎などの地方が安いということもありますので、地理的な違いも大きいです。

福岡の有料老人ホームを調べてみると、一時入居金がかかりますし、毎月の費用も15万円から40万円と異なっています。ホームに入る人は、すでに蓄えがあるか、もしくは家やマンションを売却して費用を捻出しています。

特養について値段は安いですが、待機の人が多く簡単に入ることができません。老人ホームは費用と条件が揃えば簡単に入ることができますので、事前によく調べておくことが大切です。家族や子供に迷惑をかけたくないということで、早い段階で調べる人もいます。

そのような人は老人ホームを見学して、そこで余生を楽しく快適に暮らすことができるのかを確認します。何事も事前に調べておくことが大事です。

老人ホームと特養の設備の違いはどうか

一番大事なのは介護スタッフの数ですが、どちらも介護が必要な人3名に対してスタッフが1名の3対1の体制です。これは最低条件ですから、高級老人ホームではさらにスタッフの数が多いこともあります。老人ホームの設備はさまざまで、娯楽施設が充実しているところもありますし、カラオケやバーがついているところもあります。

有料のホームでは個室になっておりプライバシーを保つことが可能です。しかし、特養では相部屋もありますので、プライバシーを保つのが難しいようです。この問題は少しずつ改善されてきていますので、今後は個室が増えていくでしょう。

また、特養は部屋に洗面やトイレがなく、フロアの共用トイレを使わなければならない場合も多いです。有料のホームは、トイレや洗面設備、キッチンなども付いており、ワンルームマンションとほぼ同じという施設が多いです。間取りも広く、夫婦でゆったり暮らせるスペースを選べるところもあります。お金があれば、かなり条件の良い部屋に住むことができます。世話が必要な人が入る特養では娯楽施設的なものは必要ないので、期待できないでしょう。

福岡の有料ホームを比較してもわかるように設備は千差万別なので、実際に自分の目で見て確認することと、可能であれば、その施設に住んでいる人に話を聞いてみることも入居するかどうかを判断する助けになります。

 

どちらを選ぶにしても事前の調査が必要になります。そして、条件と費用は大きな壁になってきますので、状況に応じて早目に準備しておきましょう。福岡などにもたくさんの施設があるので、実際に見学することでミスマッチを減らすことが可能です。

福岡のおすすめ老人ホーム

商品画像
商品名アビタシオン浄水アンペレーナ百道フェリオ天神グランガーデン福岡浄水ホスピタルメント福岡天神
特徴30年以上の経験を活かしたジャストサービススカイラウンジ・天然温泉などのロケーション医療サポート・メンタルケアが充実施設内イベントや企画が豊富病院の真上に暮らしている安心感
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
【福岡】おすすめ有料老人ホームの口コミや評判