【2021年最新版】福岡県で人気の介護付き有料老人ホームを厳選紹介!口コミや評判も徹底比較!

日本の老人ホームの歴史

公開日:2020/10/01  最終更新日:2020/10/06

老人ホームにはさまざまな形態があり、入所型・通所型・在宅型などだけでなく、施設によってサービスの内容が異なります。現在では多くの高齢者が利用し、日常生活のサポートや介助、さまざまな介護サービスを受けている老人ホームの歴史を紐解いてみます。

かつての老人ホームは慈善団体などの救済事業の一環だった

日本における老人ホームの歴史は、1895年にイギリス人エリザベス・ソーントンが東京市芝区に設立したことが始まりといわれています。養老院とは、生活に困窮した身寄りのない高齢者を収容・保護する施設のことです。簡単にいうと、生活するための費用面と身体的な問題で、生活に困っている高齢者を保護するための施設でした。そのため、いまでも養老院という名称のイメージはあまりよくありません。

親を養老院に入れるというのは親不孝という考えが根強くあり、姥捨て山とも呼ばれていました。現在でもそのイメージが残っているため、老人ホームに捨てられると感じてしまう高齢者もいるようです。もともと養老院とは、世界的にみても宗教的な慈善行為から出現したものが多く、中性ヨーロッパでもキリスト教によって設けられていました。

イギリス人であるエリザベス・ソーントンによって東京に設立された聖ヒルダ養老院は、女性の高齢者のみを対象としていました。当時は、現在のように公的機関ではなかったので、宗教家や篤志家によって運営されていたようです。

日本では、キリスト教や仏教などの精神のもとで、生活に困窮した高齢者が健やかに老後の生活を送ることを願って各地に設立されましたが、その数は多くはなかったようです。救護法が成立し、養老院が公的機関となった1929年の時点でも全国に85施設前後しかなかったといわれています。

法律の制定によって公的機関として運営されている老人ホーム

それまでの養老院が公的な機関となったのは、1929年に救護法が制定されたことがはじまりです。救護法は、その名の通り様々な理由で通常の生活をすることが難しくなった者を救護することが定められた法律で、現在の生活保護法の前身となるものです。

救護法に定められている対象者は、貧困のため生活することができない高齢者、13歳以下の幼者、妊産婦、病気やケガなどによって業務の遂行が難しくなった者などです。自宅で救護を行うことが原則とされていますが、自宅での救護が困難な場合は病院や養老院、孤児院などに収容して救護を行うことが定められています。

戦後になると、働くことができずに生活することが困難になっている人が多くいたため、1950年に改めて生活保護法が制定されました。この法律によって、養老院という呼び名は養老施設と改められることとなりました。

さらに、1963年に制定された老人福祉法では、高齢者の福祉に関する原理が定められました。高齢者が健やかに毎日の生活を送ることができるよう、健康の保持や安定した生活のサポートをすることを目的としています。

この法律が制定されたことで、養老施設から老人ホームと名称が変更されました。それぞれの健康状態や家庭環境、収入などの違いによって利用する施設を選択することが可能となり、養老施設は特別養護・養護・軽費の3つに細分化されました。

福岡の有料老人ホームは、施設によってさまざまな特徴がある

老人ホームとは、介護施設の一種です。原則として65歳以上の高齢者に向けた介護サービスを行っている施設のことをまとめて老人ホームと呼んでいます。民間施設と、国や自治体が運営している公的施設の2種類があります。

公的施設はケアハウスや特別養護などがあり、入居費用も比較的安いという特徴があります。企業や医療法人が運営している民間施設は、比較的費用が高く、独自のサービスを受けることができることが特徴です。特に医療法人が運営している民間施設では、病院と提携している場所も多くみられ、万が一けがや病気などをしてしまっても安心して医療を受けることができるというメリットがあります。

近年、注目されている形態のひとつに、有料老人ホームがあります。介護付き・住宅型・健康型の3タイプがあり、入居者のそれぞれのライフスタイルや健康状態などによって自由に選ぶことができる点が特徴です。

もちろん福岡にも、たくさんの有料老人ホームがあります。福岡県から特定施設入居者生活介護の指定を受けている施設や、天然温泉や旬の食材にこだわった食事を楽しめる施設、医療体制に優れ、科学的根拠に基づいた介護やユニットケア、メンタルサポートなどを行っている施設もあります。

かつては姥捨て山というイメージが強くありましたが、現在では、介護だけでなく老後の健康をサポートしつつ、毎日の生活を楽しむ場所としての役割も担っています。施設によってさまざまな特色があるので、安心して老後の生活を送るために、福岡県内に数多くある施設を調べてみてはいかがでしょうか。

 

老人ホームの前身は養老院と言われています。1950年に制定された生活保護法に基づいて、困窮した高齢者を救済するために設置された養老施設という名称を経て、現在の形になりました。養老施設は、特別養護・養護・軽費に分かれ、高齢者の状況に応じたきめ細かなサービスを受けることができます。民間団体が運営する有料老人ホームも幅広く運営されているので、利用者が好みの施設を選ぶことができます。

福岡のおすすめ老人ホーム

商品画像
商品名アビタシオン浄水アンペレーナ百道フェリオ天神グランガーデン福岡浄水ホスピタルメント福岡天神
特徴30年以上の経験を活かしたジャストサービススカイラウンジ・天然温泉などのロケーション医療サポート・メンタルケアが充実施設内イベントや企画が豊富病院の真上に暮らしている安心感
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
【福岡】おすすめ有料老人ホームの口コミや評判